研究者一覧

井上 拓保Inoue Hiroyasu

所属部署名リハビリテーション学科理学療法学専攻
職名講師
Last Updated :2024/04/30

研究者情報

基本情報

プロフィール情報

  • 氏名

    井上 拓保, Inoue Hiroyasu

ID各種

  • 研究者番号

    80861814
  • J-Global ID

    202101019865484999

所属

  • リハビリテーション学科理学療法学専攻, 講師

施設

  • 長津田校舎

学位

  • 博士(保健医療学), 昭和大学, 2019年03月

研究キーワード

  • クリティカルケア、集中治療室、摂食嚥下障害、誤嚥性肺炎、早期リハビリテーション、脳卒中リハビリテーション、摂食嚥下リハビリテーション、呼吸リハビリテーション

研究分野

  • ライフサイエンス, リハビリテーション科学

担当科目

  • リハビリテーション基礎評価学Ⅰ
  • 新領域の理学療法(栄養・嚥下に関する理学療法)
  • 呼吸・循環・代謝系理学療法学Ⅰ・Ⅱ
  • 神経系理学療法学Ⅰ・Ⅱ
  • 保健医療への招待
  • 臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

所属学協会

  • 日本理学療法士協会、昭和大学学士会、日本呼吸ケアネットワーク、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本集中治療医学会、日本リハビリテーション看護学会 、脳機能とリハビリテーション研究会

委員歴

  • 日本理学療法士協会, ガイドライン・用語策定委員会 パーキンソン病 システマティックレビュー班, 2018年
  • 日本集中治療医学会, 重症患者リハビリテーション診療ガイドラインJ-ReCIP 2023 システマティックレビュー班, 2021年
  • 神奈川県理学療法士会, 研究支援部 部長, 2021年
  • 日本集中治療医学会, 日本版敗血症診療ガイドライン2024 J-SSCG2024 アプリ班, 2022年
  • 日本集中治療医学会, 重症患者リハビリテーション診療ガイドラインJ-ReCIP 2023 ワーキンググループメンバー, 2023年

受賞

  • 優秀発表賞, 携帯型超音波機器を用いた嚥下機能評価と多職種連携により経口摂取を再開できた1例, 日本リハビリテーション看護学会第33回学術大会 佐藤真樹子, 宮田晴菜, 田中伸, 井上 拓保, 白戸信行

社会貢献活動

  • 講師, 神奈川県横浜市 介護予防事業
  • 講師, 群馬県高崎市 介護予防事業

業績

論文

  • 重症患者リハビリテーション診療ガイドライン 2023, 卯野木 健 , 林田 敬 , 河合 佑亮 , 對東 俊介 , 安藤 守秀 , 飯田 有輝 , 笠井 史人 , 川崎 達也 , 神津 玲 , 近藤 豊 , 齊藤 正和 , 櫻本 秀明 , 佐々木 信幸 , 佐浦 隆一 , 中村 謙介 , 大内 玲 , 岡本 菜子 , 岡村 正嗣 , 栗原 知己 , 栗山 明 , 松石 雄二朗 , 山本 憲督 , 吉廣 尚大 , 矢坂 泰介 , 安部 諒 , 飯塚 崇仁 , 井上 拓保 , 内山 侑紀 , 遠藤 聡 , 大倉 和貴 , 太田 浩平 , 大塚 貴久 , 岡田 大輔 , 小幡 賢吾 , 片山 雪子 , 金田 直樹 , 北山 未央 , 喜納 俊介 , 草葉 隆一 , 桑原 政成 , 笹沼 直樹 , 高橋 正浩 , 髙山 千尋 , 田代 尚範 , 立野 淳子 , 田村 貴彦 , 田本 光拡 , 土谷 飛鳥 , 堤 悠介 , 長門 直 , 成田 知大 , 名和 智裕 , 野々山 忠芳 , 花田 匡利 , 平川 功太郎 , 牧野 晃子 , 正木 宏享 , 松木 良介 , 松嶋 真哉 , 松田 航 , 宮城島 沙織 , 諸見里 勝 , 柳 尚弥 , 山内 康太 , 山下 遊平 , 山本 夏啓 , 劉 啓文 , 若林 侑起 , 渡辺 伸一 , 米倉 寛 , 中西 信人 , 高橋 哲也 , 西田 修 , 日本集中治療医学会集中治療早期リハビリテーション委員会, 日本集中治療医学会雑誌, 30(Supplement2):905 - 972, 2023年12月, 査読あり, DOI:https://doi.org/10.3918/jsicm.30_S905
  • Japanese Clinical Practice Guidelines for Rehabilitation in Critically Ill Patients 2023 (J-ReCIP 2023)., Unoki Takeshi;Hayashida Kei;Kawai Yusuke;Taito Shunsuke;Ando Morihide;Iida Yuki;Kasai Fumihito;Kawasaki Tatsuya;Kozu Ryo;Kondo Yutaka;Saitoh Masakazu;Sakuramoto Hideaki;Sasaki Nobuyuki;Saura Ryuichi;Nakamura Kensuke;Ouchi Akira;Okamoto Saiko;Okamura Masatsugu;Kuribara Tomoki;Kuriyama Akira;Matsuishi Yujiro;Yamamoto Norimasa;Yoshihiro Shodai;Yasaka Taisuke;Abe Ryo;Iitsuka Takahito;Inoue Hiroyasu;Uchiyama Yuki;Endo Satoshi;Okura Kazuki;Ota Kohei;Otsuka Takahisa;Okada Daisuke;Obata Kengo;Katayama Yukiko;Kaneda Naoki;Kitayama Mio;Kina Shunsuke;Kusaba Ryuichi;Kuwabara Masanari;Sasanuma Naoki;Takahashi Masahiro;Takayama Chihiro;Tashiro Naonori;Tatsuno Junko;Tamura Takahiko;Tamoto Mitsuhiro;Tsuchiya Asuka;Tsutsumi Yusuke;Nagato Tadashi;Narita Chihiro;Nawa Tomohiro;Nonoyama Tadayoshi;Hanada Masatoshi;Hirakawa Kotaro;Makino Akiko;Masaki Hirotaka;Matsuki Ryosuke;Matsushima Shinya;Matsuda Wataru;Miyagishima Saori;Moromizato Masaru;Yanagi Naoya;Yamauchi Kota;Yamashita Yuhei;Yamamoto Natsuhiro;Liu Keibun;Wakabayashi Yuki;Watanabe Shinichi;Yonekura Hiroshi;Nakanishi Nobuto;Takahashi Tetsuya;Nishida Osamu; , Journal of intensive care, 11(1):47, 2023年11月, 査読あり, DOI:10.1186/s40560-023-00697-w
  • 【人工関節置換術後の理学療法】人工関節置換術後の患者満足度 人工膝関節, 池田 崇;神原 雅典;井上 拓保;石原 剛, 理学療法ジャーナル, 56(7):818 - 824, 2022年07月, 総説, DOI:10.11477/mf.1551202734
  • Differences in preoperative function and outcome of patients with versus without sarcopenia after total hip arthroplasty, Koto Satoshi;Ikeda Takashi;Inoue Shunya;Inoue Hiroyasu;Watanabe Minoru, Journal of Physical Therapy Science, 34(1):60 - 64, 2022年, 原著, 査読あり, DOI:10.1589/jpts.34.60
  • 48時間以上経口挿管下人工呼吸管理患者における抜管後誤嚥性肺炎発症の予測因子の検証, 井上 拓保;宮川 哲夫;田代 尚範;川手 信行;林 宗貴, 昭和学士会雑誌, 79(4):473 - 482, 2019年08月, 原著, 査読あり, DOI:https://doi.org/10.14930/jshowaunivsoc.79.473

講演・口頭発表等

  • 画像診断ガイドラインのアプリ化に向けて(診断) 日本版敗血症診療ガイドラインアプリ開発よもやま話, 廣瀬 智也 , 戸上 由貴 , 薬師寺 泰匡 , 友田 吉則 , 井上 拓保 , 立野 淳子 , 中田 孝明 , 志馬 伸朗 , 山川 一馬 , 矢田部 智昭 , 青木 善孝 , 井上 茂亮 , 射場 敏明 , 小倉 裕司 , 河合 佑亮 , 川崎 達也 , 近藤 豊 , 櫻谷 正明 , 對東 俊介 , 土井 研人 , 橋本 英樹 , 原 嘉孝 , 福田 龍将 , 松嶋 麻子 , 久志本 成樹 , 江木 盛時 , 日本版敗血症診療ガイドライン2024特別委員会アプリ/ICTチーム, 第59回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2023年09月
  • 小脳出血発症後にせん妄を併発しリハビリに難渋するも環境調整・多職種連携によりADL動作向上を認めた症例, 永田 康祐;千賀 亜季子;井上 拓保;大橋 夏美, 神奈川県理学療法士学会プログラム抄録集, 2023年02月
  • 腰部脊柱管狭窄症術後に脳梗塞を発症した症例 起立動作時の注意障害・聴理解低下に着目して, 高橋 華菜子;井上 拓保;大橋 夏美, 神奈川県理学療法士学会プログラム抄録集, 2022年02月
  • 携帯型超音波機器によるベッドサイド嚥下評価の試み 梨状窩通過時の嚥下物検出の信頼性の検証, 井上 拓保;佐藤 真樹子;浅川 美紀;加藤 洋志;笠井 史人;依田 光正, 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌, 2021年12月
  • 携帯型超音波機器を用いた嚥下機能評価と多職種連携により経口摂取を再開できた1例, 佐藤 真樹子;宮田 晴菜;田中 伸;井上 拓保;白戸 信行, 日本リハビリテーション看護学会学術大会集録, 2021年11月
  • 救命救急センター入室後48時間以上人工呼吸管理を要した患者における回復期リハビリテーションの有用性, 田代 尚範;井上 拓保;駒場 一貴;川手 信行, 呼吸理学療法学, 2021年09月
  • 集中治療後症候群と抜管後嚥下障害を認めた1症例 〜クリティカルケア領域での理学療法士の役割を再考する〜, 井上拓保, 田代尚範, 湖東聡, 黒岩澄志, 小和板仁, 第4回栄養・嚥下理学療法部門研究会, 2021年02月
  • 救命救急センターにおける長期人工呼吸管理患者の退院時歩行獲得に関わる要因, 井上 拓保;宮川 哲夫;田代 尚範;川手 信行;林 宗貴, 日本集中治療医学会雑誌, 2020年09月
  • 救命救急センターに入室した敗血症性ショック患者における日常生活動作能力の回復経過, 田代 尚範;井上 拓保;宮川 哲夫;林 宗貴, 日本集中治療医学会雑誌, 2020年09月
  • 耐久性低下により離床に難渋した左被殻出血の一症例 脳画像所見・血液検査所見から考える, 吉山 尚子;小笹 佳史;井上 拓保;井上 駿也, 神奈川県理学療法士学会プログラム抄録集, 2020年03月
  • 48時間以上経口挿管下人工呼吸管理患者における抜管後誤嚥性肺炎発症の予測因子の検証, 井上 拓保, 宮川 哲夫, 田代 尚範, 川手 信行, 林 宗貴, 昭和学士会雑誌, 2019年08月
  • 誤嚥リスクを有する高齢脳血管障害患者の「随意咳および反射咳」の有用性の検証 反射最大咳流量(reflex peak cough flow)評価を用いて, 井上 拓保, 第50回日本理学療法学術大会, 2015年06月
  • Inspection of the utility of “the voluntary cough and the reflex cough” of elderly patients with stroke with aspiration risk, Hiroyasu INOUE, Hideaki AKIMOTO, Tetsuo MIYAGAWA, World Physiotherapy Congress 2015, 2015年05月
  • 健常成人における咳嗽誘発試験の試み 随意的最大咳嗽量とクエン酸濃度の違いによる反射的最大咳嗽量の関係, 井上 拓保, 坂野 歩規, 秋元 秀明, 第49回日本理学療法学術大会, 2014年05月
  • 健常成人における咳嗽誘発試験の試み, 井上 拓保, 第24回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会, 2014年04月
  • 当院の充実加算導入による職種別リハビリテーション効果, 井上拓保, 第48回日本理学療法学術大会, 2013年05月
  • 理学療法効果と臨床経験年数との関係 FIM利得についての検討, 伊藤 剛, 小林 大昌, 井上 拓保, 小竹 優平, 小野 真人, 田中 和宏, 高原 隆志, 第45回日本理学療法学術大会, 2010年05月

書籍等出版物

  • 明日の運動療法を磨く理学療法プラクティス こだわり抜くバランス練習, 斉藤秀之, 加藤浩, 望月久, 小笹佳史, 井上拓保, 文光堂, 2022年07月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.